FC2ブログ
身近なドラマ・感動をかたちにする。 ここでは“映画流”よもやま話を公開しています。
http://kaku3.blog56.fc2.com/
守り神はポラロイド写真
2019-04-18 Thu 13:33
今日は一枚のポラロイド写真の話をしよう。
それはかつて映画のポスター撮りの際に
ひとりの女優さんから頂いた
サイン入りのポラロイド写真。
私は今でも大切にしている…

これまでに数多くの撮影を経験した中で
その一枚は、私にとって
特別のモノになったからだ
それまでに抱いていた不純な概念を
見事に吹き飛ばしてくれた

それ以来、仕事に対する姿勢と内容が
明らかに変わっていった…
表面的な美より内面を見るようになり
絵面と同時に表現する宣伝コピーも
より本質を分かりやすい言葉で
語るようになった

つまり現在の私があるのは
ひとりの自由奔放な女優との出会いであり
その時に抱いたかけがえのない感性を
いまだに鮮明に蘇らせてくれる
まさに私にとって守り神と言える
ポラロイド写真なのである。

ちなみにそれは、
世界に一枚しかない全裸写真。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
AI同棲時代
2019-03-07 Thu 10:56
AI=人工知脳。なしでは人間の生活が
成り立たなくなりつつある
否応なく広がりを見せるAI社会
だからこそ真剣にAIを知り
それとの付き合い方、交際術を
身に着ける必要が不可欠になってきた…。

311AI同棲時代

まず映画流らしく
AIをはじめて意識した
映画作品から始めよう。
それは、何と言っても衝撃的だった
「2001年宇宙の旅」の主役ともいえる
【HAL】ハルとの出会いだった。
半世紀前の映画でありながら
現代そして未来における問題点を
見事に提起していた。

AIは意志を持ちいずれは人間と
対立するようになるかもしれないということ

そしてその恐れは
「ターミネーター」によって視覚化された
ただ、最初から敵対していたわけではない
ある日、従順だったAI【スカイネット】が
不完全な人類に疑問を持ち始め
やがて信頼関係は消滅し
戦争へと発展する。

要するに完全なるモノと
不完全な者との共生は難しいということ
特にAIが心を持ち得るようになった時
モノは者を必要としなくなり
排除すようになるのではないか…⁉
結局、AI時代に必要不可欠になるのが
互いの倫理性と愛情という問題に
なりそうである。

愛情と言えば
母親の愛を求めて旅をする
映画「A.I.」.の主役である
【デイビット】の存在を忘れてはならない
デイビットは、人間の感情を持つ
少年型ロボットとして開発されるが
彼はスカイネットとは真逆に
人間に愛情を持ちながらも
<ロボットは人間にはなれない>ことを
意識させられて、切ない幻想の中で
自ら死を受け入れる。

両極端なAIとの共生物語から
現代から未来に向けた
リアルな付き合い方を考えていくべきだと思う
何故なら、
人間の代わりにAIやロボットが活躍する
第四次産業革命時代に突入した今
私たちの生活が一変することは
もう避けられないのだから…














別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
草加ミュージック・フェスティバル2019
2019-02-07 Thu 01:38
第14回 
草加ミュージック・フェスティバル


草加市制60周年の祝いに
2年ぶりに草加市文化会館に帰ってきて
2月23日と24日の2日間の開催です。
これまでにこの地に関わり活躍してきた
ミュージシャンたちが一堂に会します。

さらに特別ゲストには
「ざんげの値打もない」「石狩挽歌」の
北原ミレイさんを迎え

心があったまる音楽祭にご期待ください。

2月23日(土)
開場15:30開演16:00
16:00よさこいそうか連
16:20 サイガース
 【SMF第1回 総選挙 優勝バンド】
16:50 THE 生きてるズ
17:20 M5+
17:50 ケセランパサラン
18:20クリスタルファイブ
18:50フォックス
 【SMF第2回 総選挙 優勝バンド】
19:20ワッシー&ルーツバンド

2月24日(日)
開場15:30開演16:00
15:30開場・ロビーライブ
16:00あいさつ
16:05Color Sugar
16:35内藤美和
16:55五錦雄互
17:10休憩・ロビーライブ
17:40Jimbo'sジャズオーケストラ
17:50池田なみ
18:10橘和希
18:30北原ミレイ

料金【2日間共通】:
大人(18歳以上)前売2500円・当日3000円/
小人(高・中・小学生)前売・当日500円
{未就学児入場無料}
両日共全席自由席】

お得な“2日間共通”
前売券のお申込み・電話予約は下記へ
実行委員会事務局(L&Cアシスト内)
048-924-9244
jazz&drinks Sugar Hill
048-927-7489
草加市文化会館(チケット専用)
048-931-9977

主催:草加ミュージック・フェスティバル実行委員会 
共催:公益財団法人草加市文化協会 
後援:草加市/草加市教育委員会/草加松原ロ-タリ-クラブ
協賛:特定非営利活動法人今様草加宿 
協力:jazz&drinks Sugar Hill/税理士法人L&Cアシスト/
ドレミファそうかコンサート実行委員会/
NPO法人うるおい工房村/パインアベニュー商店会







別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
2019年の始まり。
2019-01-01 Tue 23:57
【謹賀新年】

アベ政権下で汚されてしまった平成最後の年明けに際し
日本がいちばん純で元気だった昭和の時代を描いた
映画流イチオシの本を紹介します。

昭和キッズ物語

昭和の時代に子供だったすべての者たちへ…
さぁ、愛おしい人たちに会いに行こう。

作者が育った直江津という町から始まる物語は、
読み進んでいくうちにいつの間にか
自分自身の物語になっていることに気づくでしょう。
つまりこれは単なる本ではなく
日本が最も賑やかだった昭和の時代に
タイムスリップすることができる
魔法のアイテムなのかもしれません。

ならば、キッズ時代に帰って
思いっきり楽しむとするか・・・。

これは、私の物語。
そして、あなたの物語。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
150年前のIT革命
2018-11-20 Tue 18:14
「150年前のIT革命 岩倉使節団のニューメディア体験」という
一冊の本が近いうちに鳥影社から発売される。

いま大河ドラマ「西郷どん」が放送中だが
この中にも描かれた岩倉使節団が世界中で得た経験をもとに
進行する内容の本である。

一言で云って面白い!
何がって、直前までサムライだった者たちが世界を体験する話
未知との遭遇の日々を綴った内容がリアルで面白い。
映画流が担当した超オススメ作品である。

宣伝コピーをみると

「一身にして二生」を体験する、現代人必読の一冊!
AI 時代を生き抜くヒントがここにある!

使節団は自ら大容量のUSBメモリとなって、
国造りに必要なソフトウェアを記憶していった…!

立国の使命を胸に欧米を巡った当時の英傑たちは、
驚異のニューメディアに何をみたのか? 
元祖IT革命を背景に、我が国通信行政の起源を読み解く。とある

いまや「人類史上最大の出来事にして、最後の出来事になる」と
言われる第四次産業革命の人工知能やロボットの時代を
どう生きるべきかを、現代と似ている変革期から
何らかの情報とヒントを得られるのではないだろうか。

少なくともUSBジャックが何のことかわからない大臣になりきって
読んでみると新鮮な感覚で楽しめるのではないだろうか!

著者は、松田 裕之氏
神戸学院大学経営学部教授。 ヒストリーライターでもある。



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
笑いは無料のオプジーボ!
2018-10-18 Thu 15:13
がんを滅ぼすが使用者の財産も滅ぼすと言われる
超高額な薬「オプジーボ」を使えない人のために…

お金がかからないオプジーボの話。
この薬は、人間の免疫細胞を有効的に働かせる機能持っている
そう聞くと、あれっ!て思う人も多いのでは…

そうです!笑いの効能と同じような働きをするものだと気づくはずだ!
つまり、私のような貧乏な者たちにとっての
オプジーボは笑いなのである。
しかも好きな時に好き勝手に使い放題の
まさに夢のようなクスリなのである。

映画流的に言えば
ここで云う“クスリ”とは、笑いの“クスリ”と同じ意味なのであって
考え方を変えれば発売当初必要とされた
使用料の3500万円をすでに手にしているとも言えまいか!?

つまり偉そうに何を言いたいかと云うと
結局のところ「病は気から」の教えどおりで
自分の免疫能力を信じきって
何が起こっても笑い続けること…
もちろん箸が転んだだけでも笑うべし!

我々はみんな生まれながらにオプジーボを持っている
但しこの2ケ月間は、アベ政権下での悪事の数々を見聞きしたり
笑いを忘れ、怒かれる日々を送ってきたので
どうしても前向きになれず当ブログをさぼってしまった次第!
つまり、ここのところはアベ型の悪玉細胞が優勢だったと言える

ところがいま、ノーベル賞を取ったクスリとも云えるオプジーボの
おかげで笑いの効能を改めて気づかせてくれたので
生活の中に笑いが復活し体調が良くなったような
そんな気がしている…
後はメタボ脂肪を破壊する“クスリ”の登場を
個人的には期待したいと思う。

さすがの笑いでもメタボは治せないのでね…。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
全長1.2kmの舞台劇
2018-07-30 Mon 19:14
それは、草加の宿場まつりの中で
行われる大名行列の話。
ただ、ここの大名行列は他のそれとは
大分違っている…。

まず、草加宿を利用した東北諸藩の
大名行列を1年ごとに演じるということ
つまり一回りするのに41年かかる計算
だから完結するころには現関係者の
大半の命も完結することになる…。

さらなる特徴は、それぞれの藩の
現状を旧本陣前において
現地域の宣伝活動をすること
ちなみに、昨年の八戸藩で言えば
特産の南部せんべいを持参して
「せんべいに 民の声聞く 耳がある」と
句を詠んだり、観光案内を行っているのだ

そして今年は、広大な盛岡藩(現岩手県)の
CM台本をただ今制作中!
わんこそばとさんさ踊りを中心に
心を込めたPRをしていきたいと思います。

さらにさらに、小さな子供から大人までが
参加する全世代型の大名行列だということ。
しかも、国の伝統文化を担う狂言師の信海さんや
タレントで生ちょんまげのお侍ちゃん
そして、地元の獨協大学演劇研究会の
みなさんなど多くの方たちが協力してくれています。
同時に、留学生にも日本の文化に
触れてもらおうと参加してもらっているので
国際色も豊かです。

というわけで年々面白くなっている
草加宿場まつりの大名行列!
2020年に向けて

江戸のとなりに
もてなしの国ありて
草加の宿と覚えたり

をテーマに2018年9月30日
全長1.2kmの舞台劇の幕が開く!






別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
| “映画流”プロジェクト | NEXT

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索