FC2ブログ
身近なドラマ・感動をかたちにする。 ここでは“映画流”よもやま話を公開しています。
http://kaku3.blog56.fc2.com/
150年前のIT革命
2018-11-20 Tue 18:14
「150年前のIT革命 岩倉使節団のニューメディア体験」という
一冊の本が近いうちに鳥影社から発売される。

いま大河ドラマ「西郷どん」が放送中だが
この中にも描かれた岩倉使節団が世界中で得た経験をもとに
進行する内容の本である。

一言で云って面白い!
何がって、直前までサムライだった者たちが世界を体験する話
未知との遭遇の日々を綴った内容がリアルで面白い。
映画流が担当した超オススメ作品である。

宣伝コピーをみると

「一身にして二生」を体験する、現代人必読の一冊!
AI 時代を生き抜くヒントがここにある!

使節団は自ら大容量のUSBメモリとなって、
国造りに必要なソフトウェアを記憶していった…!

立国の使命を胸に欧米を巡った当時の英傑たちは、
驚異のニューメディアに何をみたのか? 
元祖IT革命を背景に、我が国通信行政の起源を読み解く。とある

いまや「人類史上最大の出来事にして、最後の出来事になる」と
言われる第四次産業革命の人口頭脳やロボットの時代を
どう生きるべきかを、現代と似ている変革期から
何らかの情報とヒントを得られるのではないだろうか。

少なくともUSBジャックが何のことかわからない大臣になりきって
読んでみると新鮮な感覚で楽しめるのではないだろうか!

著者は、松田 裕之氏
神戸学院大学経営学部教授。 ヒストリーライターでもある。



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
笑いは無料のオプジーボ!
2018-10-18 Thu 15:13
がんを滅ぼすが使用者の財産も滅ぼすと言われる
超高額な薬「オプジーボ」を使えない人のために…

お金がかからないオプジーボの話。
この薬は、人間の免疫細胞を有効的に働かせる機能持っている
そう聞くと、あれっ!て思う人も多いのでは…

そうです!笑いの効能と同じような働きをするものだと気づくはずだ!
つまり、私のような貧乏な者たちにとっての
オプジーボは笑いなのである。
しかも好きな時に好き勝手に使い放題の
まさに夢のようなクスリなのである。

映画流的に言えば
ここで云う“クスリ”とは、笑いの“クスリ”と同じ意味なのであって
考え方を変えれば発売当初必要とされた
使用料の3500万円をすでに手にしているとも言えまいか!?

つまり偉そうに何を言いたいかと云うと
結局のところ「病は気から」の教えどおりで
自分の免疫能力を信じきって
何が起こっても笑い続けること…
もちろん箸が転んだだけでも笑うべし!

我々はみんな生まれながらにオプジーボを持っている
但しこの2ケ月間は、アベ政権下での悪事の数々を見聞きしたり
笑いを忘れ、怒かれる日々を送ってきたので
どうしても前向きになれず当ブログをさぼってしまった次第!
つまり、ここのところはアベ型の悪玉細胞が優勢だったと言える

ところがいま、ノーベル賞を取ったクスリとも云えるオプジーボの
おかげで笑いの効能を改めて気づかせてくれたので
生活の中に笑いが復活し体調が良くなったような
そんな気がしている…
後はメタボ脂肪を破壊する“クスリ”の登場を
個人的には期待したいと思う。

さすがの笑いでもメタボは治せないのでね…。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
全長1.2kmの舞台劇
2018-07-30 Mon 19:14
それは、草加の宿場まつりの中で
行われる大名行列の話。
ただ、ここの大名行列は他のそれとは
大分違っている…。

まず、草加宿を利用した東北諸藩の
大名行列を1年ごとに演じるということ
つまり一回りするのに41年かかる計算
だから完結するころには現関係者の
大半の命も完結することになる…。

さらなる特徴は、それぞれの藩の
現状を旧本陣前において
現地域の宣伝活動をすること
ちなみに、昨年の八戸藩で言えば
特産の南部せんべいを持参して
「せんべいに 民の声聞く 耳がある」と
句を詠んだり、観光案内を行っているのだ

そして今年は、広大な盛岡藩(現岩手県)の
CM台本をただ今制作中!
わんこそばとさんさ踊りを中心に
心を込めたPRをしていきたいと思います。

さらにさらに、小さな子供から大人までが
参加する全世代型の大名行列だということ。
しかも、国の伝統文化を担う狂言師の信海さんや
タレントで生ちょんまげのお侍ちゃん
そして、地元の獨協大学演劇研究会の
みなさんなど多くの方たちが協力してくれています。
同時に、留学生にも日本の文化に
触れてもらおうと参加してもらっているので
国際色も豊かです。

というわけで年々面白くなっている
草加宿場まつりの大名行列!
2020年に向けて

江戸のとなりに
もてなしの国ありて
草加の宿と覚えたり

をテーマに2018年9月30日
全長1.2kmの舞台劇の幕が開く!






別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
デザイン革命始動!
2018-06-01 Fri 15:21
デザイン革命とは:
デザインを経営戦略の柱に据え変革を起こすための武器とし、
これからはデザイン思考が「プロセス」を生む手段から、
「戦略」を実現する基本ソフトにするという考え方である。

ちなみに、経済産業省・特許庁から
「デザイン経営」宣⾔がなされた!
以下が主旨そのものである。

⽇本は⼈⼝・労働⼒の減少局⾯を迎え、世界のメイン市場としての地位を
失った。さらに、第四次産業⾰命により、あらゆる産業が新技術の荒波を受
け、従来の常識や経験が通⽤しない⼤変⾰を迎えようとしている。そこで⽣
き残るためには、顧客に真に必要とされる存在に⽣まれ変わらなければなら
ない。そのような中、規模の⼤⼩を問わず、世界の有⼒企業が戦略の中⼼に
据えているのがデザインである。⼀⽅、⽇本では経営者がデザインを有効な
経営⼿段と認識しておらず、グローバル競争環境での弱みとなっている1 。
デザインは、企業が⼤切にしている価値、それを実現しようとする意志を
表現する営みである。それは、個々の製品の外⾒を好感度の⾼いものにする
だけではない。顧客が企業と接点を持つあらゆる体験に、その価値や意志を
徹底させ、それが⼀貫したメッセージとして伝わることで、他の企業では代
替できないと顧客が思うブランド価値が⽣まれる。さらに、デザインは、イ
ノベーションを実現する⼒になる。なぜか。デザインは、⼈々が気づかない
ニーズを掘り起こし、事業にしていく営みでもあるからだ。供給側の思い込
みを排除し、対象に影響を与えないように観察する。そうして気づいた潜在
的なニーズを、企業の価値と意志に照らし合わせる。誰のために何をしたい
のかという原点に⽴ち返ることで、既存の事業に縛られずに、事業化を構想
できる。
このようなデザインを活⽤した経営⼿法を「デザイン経営 」と呼び、それ
を推進することが研究会からの提⾔である。
「デザイン経営 」は、ブランドとイノベーションを通じて、企
業の産業競争⼒の向上に寄与する。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
映画流ドキュメントの行方
2018-04-21 Sat 17:03
当ブログをはじめて10余年。
映画流ドキュメントとして
ここ5年間は、アベ政治を見つめ続けてきた…。
おかげで信じられない出来事の連続で
当ブログも最初に決めたルールを自ら破り
政治色がでてしまいブログ自体が荒れてしまった。などと
反省しながらも、映画流作品のためと
つい責任転嫁をしてしまう次第である…。

想い起せば、第二次アベ政権が誕生した時
アベ総理大臣のやりたい放題になって
さぁ~これから日本は大変なことになる…と
予想したことを想い出したが
現実は、その予想をはるかに超えていた!
そこで、映画流独自の創作的解釈を加えて
大胆に整理してみたいと思う。


国民の知らない所で

人事クーデターが密かに、

そして確実に実行されていた…。


・歴史修正主義に賛同する者たちによる大臣構成
・日銀総裁人事により円の掌握
・NHK会長人事による放送局の実質的占拠
・ジャパンハンドラーによる指示書に沿った広告代理店による
 日本改造計画始動!各種政策ネーミングをはじめ
 各種プロパガンダ、五輪誘致、原発政策、メディア対策、ネット戦略
 ネトウヨ管理、ムサシ選挙対策、各種リサーチによる世論操作等々を担当
・武器輸出三原則の撤廃により、武器開発、武器商国の道を歩みだす
・秘密保護法の施行により、責任回避の為か行政文書ののり弁化が横行
・性犯罪のもみ消し事件発生!逮捕を逃れた者は後に著者として
 内閣PR本「総理」を出版し参議院選挙の大勝利に貢献する
・内閣人事局を創設 <仲間を重要ポストに送り込む一夕会方式を採用>
 行政に関わる警察、検察をはじめとする高級官僚人事の掌握
 後に、財務省をはじめとする各省庁の不正が次々に発覚
・最高裁の「高度な政治判断には介入せず!」により
 内閣法制局が実質最高裁となり、集団的自衛権を初めて合法と判断
・アベ内閣は、かつてのどの政権でも違憲とした法解釈を変え
 多数の国民の反対を無視して安保法案を強行採決し施行させた
・歴史修正教育を広めるためか、国有財産の私物化が表面化し始める。
 モリ、カケ問題に絡んで首相夫人の関与も露出する
 映画流では、アベ夫妻がこのドキュメンタリーの主役である
・XKSを自由に使え国民を監視するための共謀罪も強行採決を経て施行
 国民のプライバシーは消滅した
・生活保護費をカットし、貧しき者はより貧しさを強いられる
 社会保障費の減額とは逆に、武器の購入額は大幅増大
・種子法を廃止し、食の安全保障が脅かされる事態に、これも米国の圧力か?
・財務大臣は、ライフラインを外資企業に委託する計画を勝手に海外で発表
・働き方改革の一つ裁量労働制の審議のためのデータに
 恣意的不備が数百か所も発覚!これをきっかけに
 過去のあらゆるデータの信頼性に疑問符がつく
 政府が安保法に代表されるように重要法案を束ねて提出するために
 優秀な官僚でも丁寧なデータ収集ができず、不正な情報をもとに
 審議、施行された法案及び選挙の無効がささやかれる
・朝日新聞のスクープにより、公文書の改ざんが発覚
 改ざんを指示され実行した財務官僚の一人が自殺
・消失したとされていた自衛隊のイラク日報が保管されていた
 基地周辺での戦闘が記録されていながら報告なしとして
 不正文民は卑劣にも責任を自衛隊に押し付ける
・財務省官僚トップのセクハラ問題が発覚
 現政府が女性一人を相手に脅しをかけるという事態に発展
・戦争立国を目指しているかのように
 陸上総隊、上陸部隊を新設、「いずも」戦略型空母改造計画等が進む

アベ独裁政権下で、実質賃金は下がり、貧富の差は拡大し、
人権は軽視され、司法の信頼は薄れ、軍備は増強の一途、
核廃絶に反対しポリシーのない国として世界からの信頼も無くし、
行政を支えてきた官僚たちへの信頼も消え失せ、嘘と不正が横行する
憲法違反が日常化し、嘘つきが出世し正直者が損をする社会になった
日本はいったいどこへ向かっていくのだろう?
この国に輝ける未来はくるのだろうか?

72年前、廃墟と化した日本国と
同じような状態にあると感じるのは
私だけだろうか?

ちなみに国内法より優先される事項を決める
日米合同委員会の米国側委員の9割が軍人で占められている…。


 

 
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
終わりの始まり
2018-03-12 Mon 07:09
政治が気になって、ツイッター同様に
アベ政権についての書き込みが中心になってしまった
ここ5年間、国が壊されていくのを
黙っていられなかったからだが…

ようやく、アベ政権の終わりが始まった!
それは、朝日新聞のスクープにより
財務省による森友関連の決裁文書が
書き換えられた事件が発覚!
アベ政権にとっていちばん長い日になるだろう時に
そのことに関連して一人の公務員が
「自分の常識が壊された…」との言葉を残し
命を絶ったのだ!

これは、国有財産を私物化し
ウソをつき汚い仕事をした者たちが出世する、
不正が日常化してしまったアベ政権が生んだ
悲劇とも言えるのだ!

まさにいま、犯罪映画なみの事件が起こっている。
映画流ドキュメントとして記録していこうと思う。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
あたりまえの政治を取りもどす
2018-02-03 Sat 05:38
アベ政権に対して

怒りながら笑えるシンポジウム

じっくり楽しんでいただきたい。

1.30市民連合シンポジウム
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
| “映画流”プロジェクト | NEXT

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索