FC2ブログ

大川平八郎プロジェクト本格始動!

3月に紹介した大川平八郎物語をより多くの人々へ紹介しようとするプロジェクトが本格始動します。
これはお家復興のために単身渡米し、あらゆる困難を乗り越えて、ハリウッド映画の俳優になり、そこで身につけたトーキー映画のノウハウをもとに、1933年PCL(東宝)のトーキー映画第一弾「ほろよひ人生」を皮切りに、数多くのトーキー映画に出演すると同時にスタッフとしても活躍する中で、彼の功績が一本の名作映画として結実するのです。
1957年公開『戦場にかける橋』に兼松大尉役で熱演する一方で、撮影現場における日米の架け橋となる助監督を務めたこの作品はその年、第30回アカデミー賞作品賞をはじめ主要7部門を独占する快挙を成し遂げる。
大川平八郎は、生涯全76本のトーキー映画に出演し、65歳で静かにこの世を去ったが、今私たちが当たり前のように見ているトーキー映画の草創期に活躍し確かな足跡を残していたのです。
2010年6月、満百歳になる大川平八郎夫人から寄贈された遺品により、大川平八郎はその姿かたちを変えて現代に甦ります。


| 未分類 | 14:49 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

映画流の吉田格事務所

Author:映画流の吉田格事務所
映画のデザイン業務を中心にしながら、企画・脚本・監督業も経験、現在これまでの貴重な経験を活かした“映画流”プロジェクトを展開中。
主な映画作品(順不同):復活の日、ラブレター、誘拐報道、マッドマックス、七福星、ブロンクス物語、秋桜、インターセプター、無問題1&2、頭文字D、NAGISA、北斗の拳、鉄人28号、22才の別れ、ふみ子の海(新潟版)他多数。
≫more

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2012/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索